雨のち晴れー花と双極性障害の日々ー

双極性障害と共に生きる花の日々の記録。

おひさしぶりです。躁鬱を繰り返しています。

こんにちは。おひさしぶりです。

少し記事の整理をして再びブログに向き合っていこうとパソコンをつけました。

ありのままの自分を記録していた方が変化もわかりやすいのでしょうが、躁鬱特有のやっちまった!感がとても恥ずかしくて、読み返してからそっと何個か記事を取り下げておきました。ブログがストレスになってしまったら元も子もないので、それはそれで良いのかなと。

 

さて、3か月ほど更新が空いていましたが、躁鬱を相変わらず繰り返していました。

振り返って書いていこうと思います。

 

 

躁状態かと思いきや、冬が近づくにつれ鬱状態

毎度のことながら、秋は軽躁、冬は鬱。秋は外出多めで散財、冬はなんとなく眠りこけることが多かったです。

仕事も休みがちというかほぼ休んでいました。思い返して状態を書いてみようと思ったのですが、何をしていたかさえ思い出せないという。

 

躁でも鬱でも出勤率は上がらない。普通の波がなかなかこないことへの焦り。

普通に出勤して普通に毎日を過ごすルーティンをこなせませんでした。躁状態ではまた「私はキャリアウーマンになって輝ける!」とかわけのわからないことを考え、転職雑誌を読み漁り、仕事に集中できずに出勤しませんでした。いやいや…キャリアウーマンになりたい人が目の前の仕事に集中できなくてどうする。

鬱状態では仕事場での人間関係のストレスや生き辛さを深く考える等の不毛な思考時間から逃れられずに寝込んで出勤できず。考えすぎです。そんなこと考えてたって行動を起こせなければ何も変わらないのに。

 

普通に今を感じる程度に当たりまに出勤して帰宅、ご飯にお風呂、その波がなかなかやってこない。焦りからまた負の連鎖状態です。

 

体重増加が止まらない。

実は3㎏ほどダイエットできたんです。が、躁鬱状態で生活が乱れ、またまたお酒も外食も増え、むしろ逆に5㎏増加。最高記録更新中。恐ろしいのは感覚がマヒしつつあり、歯止めがかからなくなりそうなところです。いかんいかん。何歳になっても体調管理、体重管理は怠ってはいけませんね。

 

変身願望の暴走、変わりたいけどそこじゃない。

一年に一回、毎年秋口にそうなるのですが、(去年も同様)突如身なりに関心が集まり、化粧とか髪型とか意識して飲みに出かけて褒められては調子に乗るという…恥ずかしすぎる自分を体験します。そしてまたそれに費用がかかるのなんの!変わるのならまずは仕事をきっちりできる自分になろうよとツッコミたいです。

 

なわとび、楽しい。けれど一人ってやっぱり寂しい(笑)。

口だけであった毎日のヨガもジョギングも。特にジョギングは外に出るまでのハードルが高いのなんの。そこで唯一得意だったスポーツって何だったか考えた結果、「なわとび」にたどり着きました。なわとびはクラスで1番を争い、バック二重も飛べました!思い立ってソッコー東急ハンズで購入。彼氏に見守られながら飛んでみる。バランス感覚もなくなってるし、体も重い。100回も飛べないんです、これが。でもとても楽しかった!これなら続けられる…と二日目になると彼氏に見守られない寂しさが出てきてしまったとさ(笑)。

 

客観的になれるのはやはりしばらく経ってから。

本当に恥ずかしい日々、もっと早く気づければいいのですが、なんせ本人その時は全くわからない。こうして考えられるようになった今日あたりは落ち着いているのかな。

年末年始、みなさまの体調はいかがでしたか?

この病気はどうしても繰り返してしまいますし、そんな自分が嫌になってしまうこともたくさんあると思います。けれどお互いに落ち着いた日々を過ごせるようにしていきたいですね。

病状がひどいと目つきが変わるらしい

自分では自覚が無いのですが、病状が悪化していると目つきが変わるらしいです。

私は元旦那に言われました。それはそれは衝撃でとてもショックを受けました。

 

 

 

面接官はプロ、目つきで病気がわかる

私は以前クローズで仕事の面接を受けたことがあります。けれど当時は病状が悪かったのです。医師に相談なく躁鬱混同状態で気づいたら面接を受けていました。

そうしたら、なんと面接で出会って即座に「あなたは精神の病気をお持ちではないですか?」と言われたのです。びっくりしました。あまりにも焦ったのでそんなことないです、普通です、と返答してしまいました。けれど面接官はプロ。お見通しだったのです。その後筆記があったのですが、あまりにも緊張してしまい、ガタガタじっとしていられないぐらいに震えてしまったのです。文字も書けません。なんとかその場を終わらせましたが、案の定落ちました。目つきでおかしいとわかるんだ…。病状が悪い時は嘘をついてはいけませんね。

 

バセドウ病と疑われる

私はどうやら目を常に見開いているような症状で医師からバセドウ病の検査を勧められました。結果は陰性でしたがやはり目つきがおかしいのだなとショックを受けました。

 

そうは言ってもクローズではないと就職が難しい

障害者求人はものすごく少ないです。都内などはそれなりにあるのでしょうが、特に田舎では10件もないことがあります。どうしても黙って受けないといけないこともあるのです。最近ニュースになっている障害者雇用の水増しも原因ですね。水増しがなければもう少し求人が増えたかもしれません。おかしいおかしいと言われながらも隠し通せない嘘をつかねばいけない、そうして面接に落ちる。辛いですよね。

 

焦らず回復を待つしかない

そうは言っても金銭的に生きていけないです。頼れる人がいればいいですが、そうでない人はどうやって生きていけばいいのでしょうか。国は私たちにお金が無くなって借金でもしろと言うのでしょうか。障害年金も通りにくい状態で過激な発言ですが死ねとでも言うのでしょうか。だったらせめて生活保護を受けさせてください、そうなってしまいますよね。精神疾患の患者さんが増えている状態で年金と生活保護受給者が増えれば財政を圧迫するのもわかります。だからこそ働ける環境を整えれば良いのではないでしょうか。職場環境や国の制度が改善されることを願うばかりです。

 

ラミクタールのジェネリックのおかげで

私は現在ラミクタールとエビリファイアルプラゾラムを飲んでいます。

過去にはデパケンリーマスジプレキササイレースリボトリールとたくさんの薬を飲んでいました。当時はものすごく副作用に悩まされました。手が震えて震えてコップすらまともに持てませんでしたし、10キロ以上太りました。よだれは出るし、物をうまく飲み込めずに咀嚼もしにくかったです。けれど医師はそんな副作用は出ないなどと言い改善してくれませんでした。今の医師はこまめに薬を調整してくれてとても助かっています。当時ひどい副作用のの後遺症で手の震えは治らなかったですが、そのほかの副作用は治まってきて大分過ごしやすいようになりました。さて、ここでタイトルに触れましょうか。

 

 

最近、薬剤師さんからラミクタールのジェネリックが出たと言われる

ラミクタールは変な味がします。なんだか甘ったるくて思わず戻してしまいそうなぐらい不味いのです。薬にはあまり味などはしないですが、ラミクタールはするのです。しかも水にすぐ溶けるので口に入れた瞬間にぶわっと味が広がり、急いで飲みこもうにも喉に引っ付いて苦しかったりします。これが本当に大嫌いで辛くて辛くて実は服薬がおろそかになっていました。そのことは薬剤師さんに伝えてあったのですがどうしようもなかったので…。

けれど先日、ラミクタールのジェネリックが出て味がしなくなったというのです。

ものすごく嬉しかったです。実際に飲んでみるとまったくあの味がしませんでした。おかげで毎日の服薬の嫌気がなくなり、今ではきちんと決められた容量を決められた時間に飲めています。助かりました。

 

さて、ラミクタールのことを書いたついでに私が服薬しているしていた薬について少し書いていきましょう。

 

私が経験した薬の副作用について

もちろんあくまで私の経験なので個人差があります。参考になればと記しますが、おかしいなと思ったらすぐに医師に相談してください。

ラミクタール

上記のように正規のお薬だと甘ったるい変な味がします。とても飲み辛いです。このたびジェネリックが出て改善されたので、味に悩んでいた方はぜひジェネリックにしてみてください。

また、私はラミクタールの副作用は特に感じたことがありません。味以外で困ったことはありませんでした。

 

エビリファイ

エビリファイの副作用はわりときつかったです。私は入院時にマックス量から服薬を始めたのでアカシジアが出ました。アカシジアとは足がむずむずしてじっとしていられなくなるような症状です。私の場合はムズムズという言葉よりも足がイライラするような(わかりにくくてすみません)感覚に襲われ、かゆいようにも感じひたすら病室を動き回っていました。

また、口のしまりがわるくよだれが出ました。それから口元と舌が小刻みに震えます。

知らずのうちにモグモグしているような感じです。それからご飯などが飲み込みにくかったです。また、咀嚼がしづらかったです。手の震えもありました。

 

アルプラゾラム

気分を安定させる頓服として服薬していますが、眠気が襲ってきます。なので逆に私は気分を安定させながら眠れないときに睡眠薬のように飲むこともあります。

 

デパケン

特に副作用は感じなかったのですが、妊娠禁忌薬なので中止をしてもらいました。確率は低いですが、赤ちゃんに奇形などの障害が出ることが確認されています。

 

リーマス

これはとにかく手の震えがとてつもなかったです。本当にコップが持てないぐらいでした。リーマスは定期的に血中濃度を測る必要もありました。

 

ジプレキサ

10キロも太りました。食べる量などはそんなに変わらなかったように思えるのですがどんどん太っていきました。女性として体重増加はとてもショックだったのですぐに薬を変更してもらい、するとススっと元の体重付近まで戻りました。

 

サイレース

強めの睡眠薬です。私は飲んだ後のフラつきや落ちるように急激に眠る感覚に依存してしまいました。また、睡眠薬は突然抜こうとすると離脱症状のようなものが出ます。私は眼圧がおかしくなるような感覚がありました。徐々徐々に抜いていき、今ではこのお薬が無くても眠れるようになりました。

 

リボトリール

このお薬は頓服として処方されたのですがそもそも効果が実感できなかったです。ただ、飲むとものすごい頭痛にみまわれ、さらに頭痛薬を飲まずにはいられませんでした。結果すぐに止めました。

 

以上が私の経験談です。最初にも言いましたが、副作用には個人差があります。

ここに記している意外にも様々な副作用が出ることもありますので、おかしいなと思ったらすぐに病院に行きましょう。緊急性がある副作用もありますからね。また、薬は勝手に断薬しないこと。離脱症状に悩まされ、結果悪化に繋がりますからね。医師との連携をきちんととって服薬を続けましょう。

眠気の誘惑と気分の関係

最近とても眠いです。早ければ午後8時には寝てしまいます。朝6時半には一度起きるのですが、再び10時まで二度寝をしてしまいます。

 

 

 

寝すぎると気分が落ち込んで体がだるい

一昨日、15時間も寝てしまいました。すると起きても全然気分がスッキリしないのです。そうして体がなんだか疲労を感じてだるい…。なんだかとても憂鬱な気分になり、朝からため息ばかり。そうして作業所に行きたくなくなってしまいました。

なんとか心と体にムチ打って出勤したのですが、やはり気分が冴えない。暗い。しまいには突然未来を悲観し始めました。またうつ状態になってしまったのかと不安になりました。

しかし、仕事がいざ始まって徐々に集中し始めるとその気持ちはどこかにいきました。なんだったのだろうかと考えましたが、思い当たることは寝すぎだということぐらいでした。

 

早寝し過ぎてプライベートを充実させることができない

確かに仕事をしていると疲れます。帰宅すると眠気が襲ってきて家事をするのも億劫です。けれど気づいたのです。早寝し過ぎると自分の時間がない。仕事から帰ってきてストレスを発散することができないのです。そうすると翌日なんだか仕事に行きたくなくなるのです。

私は本を読んだりゲームをしたりネットサーフィンをしたりしてストレスを発散しています。本当はゲームやネットサーフィンは頭に刺激が強すぎて熟睡できなくなるようですが、私の次の日のモチベーションには大事な様です。ブルーライトカット眼鏡を使用しようかなと考えています。また、寝る2時間前までには終了するなどの対策をすれば大丈夫ではないかなと。プライベートが充実して楽しい気持ちで布団に入るとこうも翌日の気分が違うのだなと自分でも驚いています。

 

やはり規則正しい生活は双極性障害に有効

早寝早起き。基本のきがこんなにも重要なんてと再認識させられました。

もちろん、辛くて辛くて思い通りの生活リズムを送れないこともあるでしょう。そういう時は無理をしないで、プレッシャーに感じないようにしましょう。

躁状態からではなく、うつ状態からのキャッシングに注意

昨日、少し具合を悪くしました。

そうしたら…なんとクレジットカードのキャッシングサービスを申し込んでしまったのです。今朝我に返って急いで取り消しの電話をしてきました。危ない危ない。

 

 

 

うつ状態での金銭的な不安

現在貯金がありません。先日の記事にも書きましたが、むしろ借金があります。急激に不安になりました。もし病気をしたら、もし鬱がひどくなって退職してしまったら、不安はどんどん押し寄せてきて恐怖へと変わりました。

気づけば現在所持しているクレジットカードのキャッシングを申し込んでいたのです。

現在、インターネットのサービス等でどうしてもクレジットカードが必要な場合があるので、限度額最低のキャッシングなしの契約があります。限度額最低なので万が一使ってしまっても一か月のお小遣いで払えますが。

ただ、審査は通るわけないのですけどね。収入が低いので。しかし万が一通ってしまったらと思い、焦ってキャンセルしました。

本当に危なかった。

 

双極性障害では本来クレジットカードは一切持たない方が良い

躁状態による散財を防ぐために本来は一切カードを持たない方が良いと言われていますよね。しかし、私には遠方に家族がいますし、緊急で帰らなくてはいけないときに新幹線代も出せない状況は危ないのです。また、冠婚葬祭の貯えもありませんから、医師と相談して最低限のカードは残しておいて良いと言われました。そこでもう一枚だけ日ごろ使わないカードが残っています。幸い作成してから今まで一度も使ったことはありません。

うつ状態では安心剤の役目にもなります。

しかし、やはり躁状態での乱用が怖いので、今他の対策を考えております。

 

不安ばかり先走っても良いことはない

とにかく日ごろから一生懸命質素倹約に励むことですね。

なんだかんだ国が指針している生活最低限の収入はいまのところあるのです。まだまだ削って借金返済+貯金を微々たるものでもい重ねていく。これしかありませんね。