雨のち晴れー花と双極性障害の日々ー

双極性障害と共に生きる花の日々の記録。

ラミクタールのジェネリックのおかげで

私は現在ラミクタールとエビリファイアルプラゾラムを飲んでいます。

過去にはデパケンリーマスジプレキササイレースリボトリールとたくさんの薬を飲んでいました。当時はものすごく副作用に悩まされました。手が震えて震えてコップすらまともに持てませんでしたし、10キロ以上太りました。よだれは出るし、物をうまく飲み込めずに咀嚼もしにくかったです。けれど医師はそんな副作用は出ないなどと言い改善してくれませんでした。今の医師はこまめに薬を調整してくれてとても助かっています。当時ひどい副作用のの後遺症で手の震えは治らなかったですが、そのほかの副作用は治まってきて大分過ごしやすいようになりました。さて、ここでタイトルに触れましょうか。

 

 

最近、薬剤師さんからラミクタールのジェネリックが出たと言われる

ラミクタールは変な味がします。なんだか甘ったるくて思わず戻してしまいそうなぐらい不味いのです。薬にはあまり味などはしないですが、ラミクタールはするのです。しかも水にすぐ溶けるので口に入れた瞬間にぶわっと味が広がり、急いで飲みこもうにも喉に引っ付いて苦しかったりします。これが本当に大嫌いで辛くて辛くて実は服薬がおろそかになっていました。そのことは薬剤師さんに伝えてあったのですがどうしようもなかったので…。

けれど先日、ラミクタールのジェネリックが出て味がしなくなったというのです。

ものすごく嬉しかったです。実際に飲んでみるとまったくあの味がしませんでした。おかげで毎日の服薬の嫌気がなくなり、今ではきちんと決められた容量を決められた時間に飲めています。助かりました。

 

さて、ラミクタールのことを書いたついでに私が服薬しているしていた薬について少し書いていきましょう。

 

私が経験した薬の副作用について

もちろんあくまで私の経験なので個人差があります。参考になればと記しますが、おかしいなと思ったらすぐに医師に相談してください。

ラミクタール

上記のように正規のお薬だと甘ったるい変な味がします。とても飲み辛いです。このたびジェネリックが出て改善されたので、味に悩んでいた方はぜひジェネリックにしてみてください。

また、私はラミクタールの副作用は特に感じたことがありません。味以外で困ったことはありませんでした。

 

エビリファイ

エビリファイの副作用はわりときつかったです。私は入院時にマックス量から服薬を始めたのでアカシジアが出ました。アカシジアとは足がむずむずしてじっとしていられなくなるような症状です。私の場合はムズムズという言葉よりも足がイライラするような(わかりにくくてすみません)感覚に襲われ、かゆいようにも感じひたすら病室を動き回っていました。

また、口のしまりがわるくよだれが出ました。それから口元と舌が小刻みに震えます。

知らずのうちにモグモグしているような感じです。それからご飯などが飲み込みにくかったです。また、咀嚼がしづらかったです。手の震えもありました。

 

アルプラゾラム

気分を安定させる頓服として服薬していますが、眠気が襲ってきます。なので逆に私は気分を安定させながら眠れないときに睡眠薬のように飲むこともあります。

 

デパケン

特に副作用は感じなかったのですが、妊娠禁忌薬なので中止をしてもらいました。確率は低いですが、赤ちゃんに奇形などの障害が出ることが確認されています。

 

リーマス

これはとにかく手の震えがとてつもなかったです。本当にコップが持てないぐらいでした。リーマスは定期的に血中濃度を測る必要もありました。

 

ジプレキサ

10キロも太りました。食べる量などはそんなに変わらなかったように思えるのですがどんどん太っていきました。女性として体重増加はとてもショックだったのですぐに薬を変更してもらい、するとススっと元の体重付近まで戻りました。

 

サイレース

強めの睡眠薬です。私は飲んだ後のフラつきや落ちるように急激に眠る感覚に依存してしまいました。また、睡眠薬は突然抜こうとすると離脱症状のようなものが出ます。私は眼圧がおかしくなるような感覚がありました。徐々徐々に抜いていき、今ではこのお薬が無くても眠れるようになりました。

 

リボトリール

このお薬は頓服として処方されたのですがそもそも効果が実感できなかったです。ただ、飲むとものすごい頭痛にみまわれ、さらに頭痛薬を飲まずにはいられませんでした。結果すぐに止めました。

 

以上が私の経験談です。最初にも言いましたが、副作用には個人差があります。

ここに記している意外にも様々な副作用が出ることもありますので、おかしいなと思ったらすぐに病院に行きましょう。緊急性がある副作用もありますからね。また、薬は勝手に断薬しないこと。離脱症状に悩まされ、結果悪化に繋がりますからね。医師との連携をきちんととって服薬を続けましょう。