雨のち晴れー花と双極性障害の日々ー

双極性障害と共に生きる花の日々の記録。

旅行の予定を入れました。

少し体調を崩しています。

天候が主な原因のようです。

多くの人はやはり雨が降ると憂鬱な気分になる方が多いと思いますが、私の場合は顕著にそれが表れてしまいますね。双極性障害になるまでは多少憂鬱でもなんともなかったのですが、今では一日中寝込んでしまったりします。なんだか外が暗いと絶望が襲ってくるというか…うまく言い表せませんが、なんとも不思議です。

昨日は頓服がよく効いてなんとか盛り返し、今日は出勤できそうです。

休み癖がつかないように、最近はとりあえず出勤しよう!出勤しても具合悪かったら早退すればいいんだ!と頑張っています。

 

 

 

やや躁気味?急に旅行の予定を入れた

と、具合が悪い合間に急遽一泊二日の旅行の予定を入れてしまいました。自分から言い出した企画です。

半年前にもそういったことがありました。そのときは明らかな躁状態でしたが、今回は躁なのかなんなのかよくわからない状況で突然友達に連絡を取って決定してしまいました。金銭的に余裕もないのにと少し後悔していますが、一年に一回しか遊べない遠方の友人なので良しとしました。後悔したところで一人の予定ではないのでキャンセルできないですしね。

こういった突然の思い付きに悩まされることがちょくちょくあります。

 

これも見栄なのか、友人の繋がりを大事にしたい

私は定期的に友人と連絡を取って遊びます。日ごろは基本的に家で過ごしてなるべくお金を使わないようにしていますが、人間の繋がりというものに救われたことが多いので縁が切れない程度に交友します。

ただ、実家が遠方な為、遊ぶとなるとどうしても貯金が減ります。それでも年に2回程度なので日ごろの我慢でなんとかやりくりしています。ただ、これも良く思われたい見栄なのかなと悩んだりします。

 

カツカツ過ぎて希薄な毎日も精神衛生上良くない

まだまだ自分に甘いかなとも思います。けれど我慢ばかりの人生ではいつか爆発してしまいそうなので、適度な息抜きも必要かなと考えます。甘いかなぁ…。けれど友人関係も誰でもというわけではなく絞っていますし、良しとするのがいいかな。

 

予定を入れたからにはきちんと守る

双極性障害の波でどうしてもドタキャンしてしまった経験があります。

幸い友人たちにはカミングアウトしているので多少の理解はありますが、やはり一人の人間としての信用を守ることも治療のひとつだと思います。そのためにも無理な計画は立てないこと。約束は守ること。それでも辛い時は正直に断る勇気も持つこと。何事もバランスですね。

 

場所は京都です。紅葉には少し早い来月ですが楽しんで来ようと思います。